キッチンかホールかの選択

飲食関連のアルバイトを探すとき、どのような働き方をしたいかを考える事が多いでしょう。飲食店での仕事と言っても、大まかに分けてキッチンとホールの仕事があります。厨房で調理の業務を行うか、あるいは接客の仕事を行うかという違いがあります。飲食関連の仕事の経験がある人であれば、どちらが自身に向いているかは、ある程度の判断ができるでしょう。

キッチンでの仕事は、調理の技術が身につくというメリットがあります。調理のスキルは、数多く料理を作ることにより次第に身につけていく事ができます。調理場が忙しい職場であるほど、料理人としての高い能力が身につきます。そのため、将来料理人としての仕事を選びたいと考えている人であれば、厨房での仕事は有利な点が多いです。

一方でホールの仕事では、接客のノウハウを身につける事ができるという点でメリットがあります。厨房では、直接的に顧客と顔を合わせる事が少なく、常に同僚の調理スタッフに囲まれて仕事をする事になります。接客関連の仕事を目指す場合には、飲食店の中で多様な人と接する機会が多いホールの仕事が向いています。

同じ飲食店の職場であっても、キッチンとホールではこのように身につくスキルに大きな違いが表れるわけです。漠然と飲食関連のアルバイトの仕事を選ぶよりは、将来どのような方面に進みたいのかを考えて選んだ方が、仕事を通じて得られるものは賃金以外にも多いでしょう。