経験無しでも出来る

これまで包丁も握った事のない人は、料理を作る仕事に向いていないと考えているかもしれません。しかし、飲食業界では料理が未経験な人であってもできる仕事が増えています。特にファストフードなどの外食産業の分野では、料理経験の有無に関わらずキッチンでの仕事を十分にこなすことができます。

飲食チェーン店でよくあるのは、調理のノウハウが厳密に確立されているということです。同じ大きさで同じ味の料理を素早く提供するため、精密に調理の方法が構築されています。そのため、ルールにさえ従っていれば、必然的に調理を行う事ができるのです。こうしたマニュアルが高度に確立されているような調理場のアルバイトで求められるのは、いかに与えられた仕事を正確に効率よく行うかという点です。実際に、まったく料理の経験は無いけれども、ファストフードショップでアルバイトをしているという人は大勢います。

一方で、将来料理人として仕事をしたいと考えるのであれば、本格的に料理の修業を行う事ができる料理店を仕事先に選んだ方がいいでしょう。高度な調理スキルが求められる職場での修行は、長い時間がかかります。また、自ら積極的に創意工夫して、独自に料理のノウハウを修得していかなければなりません。さらに、アルバイトに応募する前に何らかの料理の経験もあった方がいいでしょう。難度は高いものの、その仕事で得られる料理の経験が、料理人として仕事を選ぶ際にプラスになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です